交通事故の弁護士における対処

交通事故の体験談をまとめました

弁護士事務所

弁護士の活用の仕方

交通事故に遭った場合、相手方との示談交渉が
うまく進まないと思った場合には、出来るだけ早く
弁護士に相談することが大切です。


責任の問題

そして弁護士より相手方に対して代理人であることを
宣言してもらうことが、裁判を有利に進める方法です。


一般的には保険会社が示談に応じる場合が 多いものですが、
その場合示談金は低く抑えられる ことが多く、満足できる
示談金が貰えないことが 多いものです。

有利に進める


交通事故の裁判に於いては相手方の過失割合や、 交通事故前後の状況などを
きちんと説明し、 責任の割合を明確にすることが大切です。


この際には、法律に基づいた判断基準に則り、 相手の責任を
証明していくことが重要になります。


また、交通事故裁判に於いては、弁護士が付いている 場合には、
その場合の基準に基づいて、示談金の額が 提示されることが多いため、
より多くの示談金を 請求することも可能になります。


さらに、相手方との法律に基づいた円滑な交渉を 行う事にも
大きな効果があるため、効果的に弁護士を 活用することが
示談を有利に進めることにも繋がります。