交通事故の弁護士における対処

交通事故の体験談をまとめました

弁護士事務所

損害賠償

 交通事故に合った場合、まず弁護士に相談することをお勧めします。
交通事故の被害者は、加害者に対して、事故で発生した損害賠償を
請求する権利があります。

その損害の内容は、大きく分けて4種類に分けることができます。

1つ目は、交通事故の被害者に実際に費用負担が生じる損害で、
積極損害といいます。

あらかじめできること

2つ目は、消極損害といい、交通事故に合わなければ
取得できたであろう利益です。

例えば事故によって後遺症が残り、健康な時と比べると
労働能力が減少してしまった場合に、健康であれば
将来得られたであろう収入額からの減少分が損害として認められます。

3つ目は、慰謝料です。
交通事故によって精神的な苦痛を味わったことに対するものです。

いざというときのために


この慰謝料は2種類あり、事故で怪我をさせられたことに対する慰謝料と、
後遺症が残った場合に、後遺症が残ったことに対する慰謝料です。

最後の4つ目は、交通事故に乗っていた自動車などが
破損した場合に生じた損害で、物損といいます。

例えば、自動車の修理費などが主な損害といえます。
交通事故にあうと、事故の相手方や、保険会社との間で
治療費などの損害賠償について交渉をする日強が出てきますが、
弁護士に依頼することで、事故の相手方や、保険会社と直接交渉する
必要がなくなります。

弁護士が交渉の代理や、訴訟の代理を務めることによって
適正な賠償学区を受け取ることができます。

なるべく早い段階で、事故に合うと精神的なショックを受けることがありますが、
弁護士に依頼することで交渉のストレスに煩わされることなく、
特に怪我をしている場合は、治療に専念することができます。