交通事故の弁護士における対処

交通事故の体験談をまとめました

弁護士事務所

依頼すべき事例

交通事故で弁護士に依頼すべき事例というのは、実のところすべてです。


被害者は、交通事故の実務についてはまったくの素人であり、
交渉相手の任意保険会社はプロ中のプロです。

安全な対策


対等な交渉などできませんから、妥当な示談をするためには、
どのような事例であれ、弁護士の力が必要です。

  ただ、妥当な示談ができなかった場合の損害額というのは、
重傷か軽傷かによって違います。


軽傷の場合は、損害額より弁護費用のほうが高くつく可能性もあります。
その場合は、費用倒れになってもいいから妥当な示談をしたいと望むかどうかになります。


妥当な補償を受けるために費やす費用と時間を考え、交通事故関係の手続から
早く解放されることの方を選ぶケースもあります。

時間の浪費


軽傷で後遺症も残らず、加害者が誠実な対応に終始している場合は、
少ない損害賠償額で妥協するのもひとつの道です。

  被害者の加入している民間保険に、弁護士費用特約が
付いている場合は、違ってきます。


300万円までは弁護費用が出ますので、軽傷であっても弁護士に依頼できます。
加害者の態度が不誠実だったりした場合は、時間は費やすことになりますが、
費用はかからないので、弁護士に依頼し、責任を追及するということが可能です。

  重傷の場合は、事故直後から、必ず弁護士に依頼しましょう。
弁護費用特約が使えなくても問題はありません。


弁護士を頼まなかったために生じる損害額の方が、弁護費用より高額だからです。

  つまり交通事故で弁護士に依頼すべき事例は、重傷の場合と、
軽傷でも加害者が不誠実で、特約が使える場合、そして軽傷で、
費用倒れでもいいから加害者の責任を追及したい場合、となります。