交通事故の弁護士における対処

交通事故の体験談をまとめました

ほほえむ女性

トップ

 交通事故が発生して、被疑者は、交通事故でよく目にする罪責である自動車運転過失致死傷罪などで現行犯逮捕されることがありますが、交通事故の容疑で逮捕された後は、48時間以内に検察官に対して送致手続がされることになり、そして送致された被疑者については24時間以内に勾留請求がされるか否かが決定されることになります。勾留とは、10日以上に及ぶことがある身柄拘束でありますので逮捕よりも強い身柄拘束であるといえます。 そのため、交通事故に関する被疑者の弁護士としては、第1に勾留請求されることを防止することが弁護活動として重要となります。その際には、検察官や裁判官に対して、被疑者が反省の態度を示しており、被害者も処罰感情がないといったことを主張するべきですが、その際に有用なのは、被害者と弁護士が示談交渉をすることです。それにより、被害者が処罰感情がないことを有効的に主張することができます。

神戸の交通事故専門の弁護士あさひ法律事務所

そのような弁護活動をしておくことにより、その後交通事故に関して、起訴されて公判手続が開始されたときには、量刑について被告人に有利となるように、示談交渉があり、その交渉が成立していたことなどを主張することも考えられますので、有益な弁護活動です。 ただこうした法律的な流れを知っている人はどれほどいるでしょうか。 ほとんどの人が自分が事故に合うとは想像さえしていませんし、そのための準備などは言わずもがなでしょう。 実際に事件が起きてしまった後では、パニックになったり、意気消沈してしまい、なんの手も打てないということがよくあります。 そして、何がなんだかわからないままに処理が済んでしまうということも。
トラブルにはならないにしても、こちらにも非があるようにされていたり。 あとになってみると、損していることも多々あります。とはいえ、それは致し方のないことでもあります。私たちは交通事故についてはもちろん。損害賠償や示談金についても素人なのですから。
残念ながら交通事故の後は全てがハッピーエンドではありません。
それほど交通事故の処理は難しいものなのです。 そこで、交通事故の予防の一環として、事故処理に関する知識をお話したいと思います。知っておくと知らないでは大違いです。交通事故は自分が気をつけているだけでは防げません。